オンライン英会話無料体験

ネイティブキャンプとDMM英会話はどっち?決め手と迷った理由【比較レビュー】

投稿日:2019年1月18日 更新日:

NativeCampとDMM英会話比較
英語やり直しのアウトプットの場としてオンライン英会話を考え、
さまざまな会社の無料体験を受講しました。

料金やテキスト、講師の印象、会員特典などをチェックしていく中で、
ネイティブキャンプかDMM英会話のどちらかにしよう!と。

でも、どっちにするか?で、ものすごく迷ったんです。

なぜ迷ったのか?その理由と、
最終的に選んだ決め手となった理由について、
私自身の場合の実体験を綴ります。

ネイティブキャンプとDMM英会話の比較レビュー付きです。

ネイティブキャンプとDMM英会話はどっちがいい?

結論を最初に言いますと、
私は迷った挙句にネイティブキャンプ を選びました。

ネイティブキャンプとDMM英会話は、
どちらも月額が5900円台で毎日レッスンが受けられるオンライン英会話です。

それぞれに良い所、今一つなところがあり、
かれこれ1ヶ月、本気で迷いました。

決定した決め手となったのはこんな理由です。

ネイティブキャンプに決めた5つの理由

ネイティブキャンプ受講を決めたのには5つの理由があります。

月額5,950円で予約なしで好きなだけレッスンできる

ネイティブキャンプの最も大きな特徴は、
月額5950円というリーズナブルな価格設定と、
レッスン回数の制限なしというところ。

これがやはり大きな魅力でした。

DMM英会話も月額は5980円で、オンライン英会話では最安値級。
(1日に25分1レッスン、要予約)

毎日受けられる点では同等です。

でも、ネイティブキャンプは1日何回でも受けられます。

1日2回受け続ければ、毎日たくさん英語に触れられます。

また、時間が取れずに受けられない日があったら、
時間がある日に2回受けるということもできます。

DMM英会話で2回受けたい場合は、9980円に価格が上がりますし、
1日レッスンが受けられなかったらその日の分は無しです。

ネイティブキャンプは、
生活スタイルに合わせて柔軟にレッスンできるのがとても良いのです。

ネイティブ・日本人講師とのレッスンを受けたいときに追加できる

ネイティブキャンプもDMM英会話も、
フィリピン人講師を始め、多国籍の講師が在籍しています。
いろんな国の講師との英会話ができるという点はどちらもすごく良いです。

どちらも、ネイティブスピーカー、日本人の講師もいます。

ネイティブキャンプDMM ネイティブ講師

ネイティブキャンプではネイティブ講師と日本人講師のレッスンを受けるには
基本的にコインが必要です。

ネイティブなら1000コイン(2000円)。
いますぐレッスン対応のネイティブ講師なら追加料金なしで受けられます。
(なかなか空きがないですが^^;)

DMM英会話では、ネイティブ・日本人の講師のレッスンを受けるには、
月額15,800円のプラスネイティブプランに入ります。
スタンダードプランの場合はレッスンできません。
プランによって違いがある、ということ。

ネイティブキャンプでネイティブ講師のレッスンを
月に4回受けると、5950円+8000円=13,950円
月5回以上ネイティブ講師と話したいなら、DMM英会話の方がお得です。

私はどのくらいの頻度で
ネイティブ講師や日本人講師のレッスンを受けたいか?

そう考えたときに、
プランによってネイティブや日本人講師の区別がなく、
受けたいときに料金を追加するスタイルの方が、

私にとっては無駄がないと感じました。

日本人カウンセラーに相談できる(月1回無料)

オンライン英会話のレッスンを進めるにあたって、
どのテキストを使おうか、最適なものを見つけるのは意外と難しかったです。

選び方のガイドがあっても、
これでいいのかな?と悩んだり。

目に入っていないテキストがあるかも…と思ったりしました。

そんな時、日本人カウンセラーのカウンセリングが
すごく助かりました。

毎月1回までなら無料で予約して利用できるんです。
レベルチェックも受けられて、おすすめテキストを紹介してもらえました。
おすすめの講師も教えてくれます。

この安心感が良いのです。

ファミリープランがある

今は私だけがオンライン英会話を受けています。

今後、高校生の次女が英検の準2級の2次試験の練習をするとき、
オンライン英会話を使ったら?と提案したいです。

ネイティブキャンプは
同じ家族なら1,980円で利用できる
ファミリープランがありました。

DMMの場合は、もう一つアカウントが必要になり…。

と考えると、ネイティブキャンプに軍配が上がりました

読む聞くコンテンツが良かった

ネイティブキャンプでは、
「英語ペラペラプロジェクト」がありました。

オンラインでマンツーマンで「話す」だけでなく、
読む聞くコンテンツで、「読む」「聞く」力も養おう!というもの。
利用料は0円です。

このコンテンツが、意外に(←失礼)良かったんです。

聞くコンテンツでは著名人のインタビュー音声とか、童話や小説などを
耳で聞くことができます。
リスニングだけでなく、シャドーイング、
パラレルリーディングなどの機能が付いていて、練習がしやすいのもよいです。

読むコンテンツでも物語を繰り返し読めて、ラインナップが豊富で楽しく学べました。

サービスの中に追加料金なしで含まれてるから、
自宅で英語の本やCDを買って練習するよりもお得
です。

>>ネイティブキャンプ

DMM英会話で魅力的だったポイント(迷いました)

市販テキストを含めテキストがすべて無料

ネイティブキャンプも含めて、他のオンライン英会話では、
オリジナル教材は無料だけど、市販教材は有料、が一般的。

でもDMMでは、市販の教材であっても購入せずに使えるのです。

例えば、初心者向けの英語テキストとして有名な
「SIDE by SIDE」や「Let'sGo」

人気の「瞬間英作文」、
高校のOC(オーラルコミュニケーション)のテキストとしても使われている、
「PassPort」などなど。

すべて、予約したレッスンで指定すれば、購入することなく使えるのです。
こういった市販テキストで学びたい人には最適だと思いました。

私は瞬間英作文とLet's Go、PassPortにすごく興味があったので、
これが追加料金なしで使えることは魅力的に映りました。

iknowアプリが無料で使える

iKnowアプリは

忘れかけたころに復習することで記憶の定着を促す、
本当に覚えられる英語学習プログラムです。

というもので、学習のタイミングを教えてくれるのが特徴です。
復習のタイミングで自動的に問題を出してくれるので、記憶に定着しやすい、とのこと。

英単語の出題も、
ただ、単語→音声、音声→単語、を目で見て単純に選ぶものではないです。

文章の中に打ちこんだり、
音声を聞いて単語を打ちこんだり
いろんな手段を使って覚えられるようになっています。

DMM英会話で新しい単語が出てきたら、
iknowに追加して、定着をはかれます。

復習のタイミングで教えてくれるし、
発音や例文、綴りも練習できるのが秀逸。

ネイティブキャンプにも、単語帳はありますが、
自分で単語と意味を打ちこむ必要があり、音声はありません。

iknowは英語の復習にピッタリのアプリで使いやすかったんです。
使い放題になるならDMM英会話にしようか…と迷ったほど気に入ってしまいました^^;

余裕があったら、このアプリだけでも有料で使おうかな…。

予約には追加料金が必要なし

お気に入りの講師が見つかったら、
いつでもその人のレッスンを受けたい!

そういう時には予約をしておくのが一番。
DMM英会話は1日1レッスン、予約して使うというシステム。

当然、1回までなら追加料金がなくて、
レッスン開始15分前まで予約が出来ました。

ネイティブキャンプでは、
いますぐレッスンでたまたまお気に入り講師が空いていれば、追加料金なし。
もし、予約したいならコインが必要なのです。

お気に入り講師のレッスンを何回も受けたい場合はDMMの方が良いかも…。

DMM英会話

>>DMM英会話

ネイティブキャンプとDMM英会話の比較【メリット・デメリット】

ネイティブキャンプにした決め手となった理由と、
DMM英会話が魅力的で迷ったポイントを綴ってきました。
ここでもう一度、ネイティブキャンプとDMM英会話を比べてみます。

 ネイティブキャンプ

DMM英会話

DMM英会話
料金(月額税込)5,950円5,980円(1回)
レッスン回数無制限(1レッスン25分が基本)1回25分
講師フィリピン人を含む多国籍フィリピン人を含む多国籍
ネイティブ・日本人講師のレッスン予約追加(コイン消費)プラスネイティブプラン契約が必要
15800円(1回)
スカイプ使わない(独自システム)スカイプ
予約追加料金通常100コイン
日本人講師400コイン
ネイティブ講師1000コイン
なし
テキストオリジナル無料
市販教材別途購入
オリジナル・市販教材
共に無料
特典コンテンツ読む・聞くコンテンツが0円英語アプリiKnowが0円

<ネイティブキャンプ>
メリット
定額で回数無制限のレッスン
ネイティブ・日本人講師は柔軟に追加可
読む聞くコンテンツが0円
スカイプを使わず通信が安定している
デメリット
予約にはコインが必要

<DMM英会話>
メリット
テキストが全て無料
予約は追加料金なし
アプリiKnowが無料
デメリット
ネイティブ・日本人講師は別のプラン
レッスンが受けられなかった日は補てんできない
スカイプ・自宅レッスンで通信が切れることがある

それぞれのメリットとデメリットを考えたうえで、
より自分に合っている、とかんじたのがネイティブキャンプでした。
>>ネイティブキャンプ

まとめ

ネイティブキャンプ、DMM英会話。

どちらもオンライン英会話の中では最安値級。

毎日、いろんな国の先生と、
自宅に居ながらにして話せることはすごいなと感じました。

私にとっては、ネイティブキャンプが一番良いとの判断となりました。

いまこのページをお読みのあなたにとってはどうでしょうか?
どっちにしようかなーと迷っている方の参考になればうれしいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よく読まれている記事

スタディサプリENGLISH 3ヶ月 1

スタディサプリENGLISH英会話コースを始めて3ヶ月が経過しました。 3か月間飽きることなく続いています。 スタディサプリENGLISH英会話コースの最初のポイントとなるのが3ヶ月。 そう思って実践 ...

スタディサプリENGLISH 1年 2

スタディサプリENGLISH日常英会話コースを、 1年間続けました。 どんな効果があったのか、 この1年間使って感じた率直な感想をまとめます。   スタディサプリ ENGLISH ※英語学習 ...

ネイティブキャンプ 無料体験 感想 3

ネイティブキャンプは月々定額で「いつでもレッスン」が受けられるのが特徴のオンライン英会話。 スカイプも使わず、機械が苦手な人にも向いているとのこと。 お試し体験が7日間出来るので、申し込んで体験をしま ...

Lobi エデュケーション 口コミ 4

准凪字幕なしで映画を見たい 海外旅行で困らないようになりたい カッコ良く英語をすらすら話したい ここを目標にしつつ、英語のやり直しを始めた私です。 そんな中「12分/毎日」と書かれたオンライン英会話ス ...

NativeCampとDMM英会話比較 5

英語やり直しのアウトプットの場としてオンライン英会話を考え、 さまざまな会社の無料体験を受講しました。 料金やテキスト、講師の印象、会員特典などをチェックしていく中で、 ネイティブキャンプかDMM英会 ...

-オンライン英会話無料体験

Copyright© 45歳からの英語勉強やり直しブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.