英語で注文する時coffeeにaを付ける?カフェでの注文フレーズ【例文付】

スポンサードリンク

カフェでコーヒーを注文
スタディサプリENGLISHのスキットの中で、
カフェでコーヒーを注文する男性が、

「Can I have a coffee,please」と言っていました。
これを聞いて、「え?なんでコーヒーにa??」と疑問に感じたのです。

coffeeにaを付ける理由と、お店でコーヒーを注文するときの例文をまとめます。

スポンサードリンク

coffeeにaを付けて数えて注文するのはなぜ?

カフェ店員のリクに、お客さんの男性が注文したときのフレーズ。

  • Can I have a coffee,please.
  • コーヒーを一杯ください。

これを聞いたときに、あれ?コーヒーって数えられない名詞じゃなかった?とモヤモヤ。

コーヒーを一杯、を英語で言う時は、
a cup of coffee、ですよね。

コーヒーは数えられない名詞(不可算名詞)
だから、coffeeに対してa(不定冠詞)を付けて数えない。

単位(cup of)を使って、表現する。
それが、中学の英語で習ったことでした。

でも、スタディサプリのフレーズに、a。
なんでだ。。

疑問に思いながら、会話チェックの解説を開いてみました。
それによると、

店で飲むコーヒーは、カップに入っており
一杯、二杯と数えられることから、一杯の場合は例文のようにaをつけます。

二杯注文するなら、two coffeesです。

スタディサプリENGLISH英会話 解説より

とのこと。

なるほど、確かに。
カフェで注文するコーヒーは必ずカップに入ってます。

だから、一杯注文するときにaがついていたんだ!
納得。

二杯のときはtwo coffeesというとは、初めて知りました。
coffeeにsがついてるのが、すごく違和感(笑)

カフェでのコーヒーの注文フレーズ

カフェ、お店でコーヒーを注文するときは、
a cup ofを使わず、そのまま、a coffeeと言ってよい。

そのことを踏まえつつ、カフェでコーヒー、ラテなどの飲み物を注文するときのフレーズを集めました。
一緒に、スイーツも頼みたいときはどう言うのでしょう?

ブラックコーヒーを1つください。

  • I’ll have a black coffee

英語でも、砂糖の入っていないコーヒーは
black coffeeとなります。

もしくは、
I’ll have a coffee.と注文した後、
砂糖とミルクは必要?と聞かれたら、

No sugar, no milk.と付け加えます。

スポンサードリンク

ラテを1つ、テイクアウトでお願いします。

  • Can I get a latte to go.

テイクアウトのことを、英語圏では、to goと言います。
Can I get~も、~をくださいという表現です。

ラテは英語でlatteです。

テイクアウトはtake outと言っても、通じないので要注意。

カプチーノを1つ、店内で飲みます。

  • I’ll have a cappuccino for here.

店内で飲むときは、for hereです。

もし、テイクアウトか、店内で飲むかを言わなかったときは、
店員さんに、「For here?to go?」と聞かれるので、
For here,please.と答えればOK.

アメリカンコーヒーのMサイズを1つください。

  • I’ll have a medium coffee.

日本では、L、M、Sと略して言いますが、
英語圏では、large、medium、smallと、サイズをしっかり言います。

アメリカンコーヒーと言えば、「薄いコーヒー」。
薄いコーヒーは、weak coffeeというのだそう。

でも、アメリカンコーヒーというくらいだから、
アメリカのコーヒーはそもそも薄いです。

それに、コーヒーの薄さはお店によって違うので、
weak coffeeと言ったら、想像以上に薄いのが来る可能性も無きにしも非ず。

アメリカでコーヒーを頼む場合は、普通にcoffeeと言った方が無難かもしれません。

Sサイズのコーヒーを2杯と、フルーツロールケーキを2つください。

  • I’d like two small coffees and two pieces of rolledcake with fruits please.

注文するときのフレーズは他に I’d like ~も使えます。
Sサイズコーヒーを2杯なので、two small coffees、
ケーキは two pieces ofと数えます。

フルーツロールケーキは、rolledcake with fruitsです。

店員さんにAnything else?と聞かれたら?

一通り注文をしたら、店員さんが「Anything else?」と聞きます。
他にご注文はありませんか?という意味です。

これ以上注文するものがない時は、
No,that’s all.Thank you.と答えます。

さらに、追加したいときは、

Well,Can I have a piece of waffle?
そうですね、ワッフルを1つください。

と答えればOKです。

最後に

英語の不可算名詞の数え方をさんざん覚えたおかげで、
今回のcoffeeになぜaが付くの?という事に疑問を感じました。

お店での注文は、カップで売るから、a を付けて数えていいとは!
初めて知りました。

いちいちa cup of coffeeと、お店で言わなくていいんですね。
そのまま、注文したいものを言えばよいのでわかりやすいです。

カフェのスイーツメニューのケーキはa piece of~で数えます。
合わせて注文するときは単位に注意ですね。

英語では数について、とにかくうるさいので、
こういった例外的なものを見つけたら、「なぜ?」と思って調べてみると良いと思いました。

ただ、やみくもに丸暗記するよりも、理解してから覚えた方が、記憶に残りやすいので。

スポンサードリンク


40代から英語をやり直し

英会話をやり直したい!
英語フレーズで生き生き話す為に

英会話は何歳からでも始められる。
40代で英語を始めた管理人が考える
やり直し英語に大切なポイントとは?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です