年賀状に英語のメッセージを書きたい!フレーズ文例まとめ

スポンサードリンク

happy new year
日本では年末になると、新年に向けて年賀状を書いて送る風習がありますね。

いま、英語をやり直し勉強の真っ最中ですので、
今年の年賀状は英語を使ったメッセージを入れようかな、と思っています。

普通にあけましておめでとう、だけでなく、
英語で少しおしゃれにかっこよく新年のあいさつをしたいものです。

年賀状に英語でメッセージを書きたいときの、
シチュエーション別のフレーズ(文例)をまとめてみました。

スポンサードリンク

あけましておめでとう!新年の挨拶を英語で

まずは定番の「あけましておめでとう」
カジュアルな言い方から、ちょっとかしこまった言い方まで。

  • あけましておめでとう!

Happy New Year!

日本の年賀状のイラストで時折
「A happy New year」というようにAが付いていることがあります。

これは正確には間違っているんだそうです。

a はひとつの、と言う意味の冠詞。

冠詞は名詞に付けるものなので、A happy new yearだと、
1つの新年、と言う意味の名詞になり、新年のご挨拶ではなくなってしまうんです。

以下のような文章なら、aを付けてOKです。

Wishing you a Happy New Year!

  • あけましておめでとうございます。

I’d like to wish you a happy new year.

A Happy New Year to you all.

すこし改まった言い方をするならこのようなフレーズを使います。
ビジネス関連の方への年賀状にぴったりです。

英語で「お世話になりました」

年賀状の定番として、
「旧年中はお世話になりました」があります。

あけましておめでとうございます。
の次に、フレーズとして追加してみると良いですね。

  • 2018年はお世話になりました。

Thank you for everything in 2018.

  • 昨年はお世話になりました。

Thank you for all of your help last year.

”thank you for all your help”で、
おせわになりました、を表現できます。
昨年はlast year.です。

素敵な一年になりますように、の英語

なりますように、という部分は、
I wish , I hopeで表現できます。

I hope you will have a great year!
greatは、すばらしいという意味です。

I wish you a fabulous year.

fabulousは、すてきな~という意味です。
あなたの素敵な1年を祈っています⇒すてきな1年になりますように。です。

英語で「本年もよろしくお願いします」

日本の年賀状では、「今年もよろしく!」とか「本年もよろしくお願いします」と書くのも定番。

でも、”よろしく”って、あいまいな、日本人らしい表現なので、
英語でこれに該当する言葉は無いようです。

スポンサードリンク

日本語のニュアンスに近づけた「本年もよろしく」は、
こんな感じで表現します。

  • 本年もよろしくお願いします。

I look forward to your continued good will in the coming year.

look forward to~は、~を楽しみにしている。
good will は、善意、親切、親善という意味です。
the coming year は、本来は来年と言う意味ですけど、
来る年…というニュアンスで「本年も」と使っても良いです。

私は、来る年も、あなたとのすてきな関係(good will)が続くことを楽しみにしています。
=本年もよろしくお願いします。というわけです。

  • あなたとお仕事することを楽しみにしています

I’m looking forward to working with you.

今年もあなたと一緒に〇〇したいですよ、ということを明確にした例です。
具体的に伝えたほうが英語圏の人には伝わりやすいです。

結婚しました!の英語フレーズ

年賀状で「結婚しました!」と伝えたい時に使う、英語フレーズです。

  • 私たちは結婚しました

We got married.

  • 結婚しました!

Just married!

  • 私たちは結婚しました

We tied the knot!

tie the knotは、結び目を作る=結婚するという意味になります。
これは、昔、結婚した二人は紐で結ばれていたことに由来するそうです。

出産報告を英語で送るなら

あかちゃんが生まれたことを、年賀状に載せて伝える場合の例文です。

赤ちゃんが生まれた、をそのまま英語で言うと、
My baby was born.となります。

でも、出産報告で使うなら、こんな表現がおすすめ。

  • 赤ちゃんが来たよ!

Baby has come!

  • 私たちの新しい家族です!

Our new family!

  • 〇〇の誕生を報告できることをうれしく思います

We are happy to announce the birth of 〇〇.

引っ越しましたの英語文例

引っ越したことを年賀状で伝える場合の表現です。

  • 引っ越しました。

We have moved.

引っ越した時には新しい住所を伝える必要があります。
そのときは、

Our new address、として、新住所を続けて書きます。

最後に:欧米の年賀状はどうなっている?

年賀状を英語で書くときの表現についてまとめました。

日本人の友人あての場合は、全文を英語にするわけではないですけど、
きめのフレーズを英語にすると、なんかかっこいいですね。

ちなみに、欧米では、新年に年賀状を送りあうことはありません。
年末にクリスマスカードと一緒に、来年が良い年でありますように、というメッセージを送るのが一般的です。

  • メリークリスマス、そして 良い新年を

Merry Christmas and a Happy New Year!

  • メリークリスマス、そして、最高の1年になりますように

Merry Christmas and all the best in the New Year.

という具合です。

以前、アメリカに駐在していた友人からも、
年末にクリスマスカードが届いたなぁ~なんて思いだしました。

スポンサードリンク



アプリで英会話を勉強中!
スタディサプリENGLISH英会話

毎日使う英語のフレーズを
生き生きとした会話レッスンで学べる!
3ヶ月でヒアリング力向上しました♪

スタディサプリENGLISH日常英会話の体験感想と詳しい内容紹介




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です