英会話フレーズ

「するのをやめる」と言いたいときの英語表現~quitそれともstop?

更新日:

~するのを止める 英語表現
スタディサプリENGLISH日常英会話コースLv2で
「ある習慣や行動をやめることを表現」するための表現が登場しました。

中学生時代には、stop~ing、を習った記憶がありますが、
他にも言い方があるのです。

今回は、「~するのをやめる」と言いたい時の英語表現を集めました。
例文付なので参考にどうぞ。

スポンサードリンク

~するのをやめる 習慣や行動

スタディサプリENGLISHのLV2のレッスンで、
エマが突然、デザートを食べるのをやめる、と言い出しました。

ダイエットが目的のようですが、本人は、健康な生活をするためよ!と言います。
みんなは、「ダイエットする必要ないよ!」と忠告したりして、
はたで聞いていて面白い会話が展開します。

その一塊のレッスンでは、習慣や行動を止めるためのフレーズが登場しました。
やめる、というのはstopだけではないんですね。

レッスンに登場した「~するのをやめる」表現の他にも、
辞書で調べて見つけた表現をご紹介します。

quit ~ing

quit には、やめる、断念する、放棄する、という主な意味があります。
quitを使って~するのをやめる、と言う時には、後ろの動詞は~ingです。

  • I am going to quit the piano lesson.
  • 私は英語のレッスンを辞めるつもりです。

  • She quit eating sweets
  • 彼女はスイーツを食べるのをやめました。

    彼女はスイーツを食べるのをやめます、という現在形なら、
    動詞は、quitsとなります。

    quitという単語は、
    現在、過去、過去分詞が、quitで全て同じです。

    主語が三人称単数でも、過去形の場合は quitでsはつきません。
    ここで、現在の話か、過去の話かが判断できます。

stop ~ing

stopは、コアの意味に「(動き・進行)を止める」を持ちます。
stopの後に、すること、を置くときは~ingの形を取ります。

  • I stopped eating snacks.
  • (私はおやつを食べるのをやめた)

  • I'll stop going jogging early in the morning.
  • (私は早朝のジョギングをやめるつもりです)

    ちなみに、stop to ~だと、
    「~するために立ち止まる」と言う意味になってしまうので要注意です。

    give up ~ing

    give up ~ingでも、~することをやめる、を言い表せます。

    • I'm give up drinking coffee at night.
    • 私は夜にコーヒーを飲むのをやめるつもりです。

      • You have to give up smoking.

      あなたは、タバコをやめなくてはいけません。

      cease ~ing

      stop ~ingよりも改まった言い方の例は、cease ~ingです。
      ceaseにはやむ、終わる、という主な意味があります。

      • I ceased complaining.

      わたしは愚痴を言うのをやめた。

      deside not to ~

      deside to ~で、~することにする、という意味になります。

      ここに、notを入れると、
      ~しないことに決めるというニュアンスを表現できます。

      日本語としてちょっとややこしいですけど、
      これも使える表現です。

      • I decided not to study history.
      • 私は歴史の勉強をやめました。

      • He'll decide not to go to the party.

      彼は、パーティーに行かないつもりです。

      ~することに決める、というのは前向きなイメージなので、
      動詞の後ろにはto+動詞の原型が付きます。

      notをはさんでも、その部分はかわりません。

      stopか、quitかどっちを使うの

      stop~ingも、quit~ingも、習慣や行動を止めるときに使うフレーズです。

      どっちを使うのか、ちょっと迷ってしまいますね。

      そんな時は、主な意味を思い出してみるとわかりやすいです。

      stopは(動き、進行を)止める、なので
      単純にその時の行動を止める、ということを言いたいときに使います。

      いつか、もしかしたら、また始めるかもしれないけど…と言う含みを残している感じです。

      対してquitは、断念する、放棄するという意味を持ちます。

      quitを使ったときは、~するのをやめる、そのあともう一度始めることはない、
      と、ちょっと強い意思を伝えやすいのです。

      スタディサプリENGLISHでも、エマが、
      デザートを食べるのをやめるわ、と言う時に、

      I am going to quit having dessert after dinner.
      と言っています。

      大好きなデザートだけど、わたし、もう食べないの!という
      エマの強い意志が伝わる表現になってるんですね。

      最後に

      ~するのをやめる、という時の英語表現をまとめました。

      特徴的だなぁと思ったのは
      それぞれの動詞の後ろにつく形が~ingという動名詞の形をとることです。

      (desideは除いて)

      以前、動詞の後ろに不定詞が付くか、動名詞が付くかと調べたとき
      動名詞は、後ろ向きなイメージの単語が多い、と知りました。

      するのをやめる、とか、あきらめる、と言うのは、
      前向きと言うより、ちょっと後ろ向きだから、~ingが付く、と思えば納得です。

おすすめ
スタディサプリENGLISHで
ヒアリング力UP!

英語やり直しにおすすめ

1

英語の勉強やり直しに、なにか良い勉強法はないか?と、 調べているうちにたどり着いたスタディサプリENGLISH。 実際に使って、楽しく英語のやり直し勉強が続いています。 ここでは、スタディサプリENG ...

-英会話フレーズ

Copyright© 45歳からの英語勉強やり直しブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.