英語文法の素朴な疑問

英語の月と曜日の短縮形の書き方・読み方まとめ【セットで使う前置詞は?】

更新日:

英語 月 短縮
英語を学び始めて、早い段階で月名と曜日の単語が登場します。
教科書にも1週間の曜日の歌が載っていて、歌った記憶があります。

覚えているようで意外に忘れてしまう、英語の月と曜日。
さらに、英語の手紙のやり取りで短縮形を使おうと思って、迷ってしまうことも…。

英語の月と曜日の短縮形の書き方、読み方についてまとめます。
英語の文章の中で使う時の表記方法も、詳しく。

この記事はこんな人向けです

  • 英語の月と曜日の単語があいまい
  • 英語の月と曜日の短縮形を覚えたい
  • 英文の中で月と曜日とセットで使う前置詞を知りたい

スポンサードリンク

英語の月名と短縮形の書き方と読み方

英語の月名と短縮形の書き方読み方です。 読み方は、簡単にカタカナで、アクセントは赤文字で書きました。 私がおぼえたときのコメントも書いておきます^^

  • 1月 …January(Jan.)…ジャニュアリ
  • 2月 …February(Feb.)…フェブラリ
  • 3月 …March(Mar.)…ーチ
  • 4月 …April(Apr.)…エイプリル
  • 5月 …May(May)…
  • 6月 …June(Jun.)…ジューン
  • 7月 …July(Jul.)…ジュ
  • 8月 …August(Aug.)…オウガスト
  • 9月 …September(Sep.)…セプンバー
  • 10月…October(Oct.)…オクトウバー
  • 11月…November(Nov.)…ノーベムバー
  • 12月…December(Dec.)…ディッセムバー

[/st-square-checkbox]

英語の月名の書き方と短縮の決まり

月名は、一番初めの文字は必ず大文字。 短縮形は、基本的に前から3文字とピリオド。 例外で元々3文字の5月Mayは、ピリオドが付きません。

英語の月名の覚え方(自己流)

最初は、教科書を見ながら、ジャニュアリ、フェブラリ、と何度も口に出して唱えて覚えました。
由来や、日本語で定着している言葉と一緒に記憶しておくと、とっさに思いだせないときの手掛かりになったのでおすすめ。

1月のJanuaryは、ローマ神話の物事の初めと終わりをつかさどる神Janusから。
2月のFebruaryはラテン語でFebruaといって罪を償う儀式を行う月から。
3月のMarchはローマの軍神Marsは3月の神様で、気候がよくなり軍隊を動かす季節から。

4月のAprilはエイプリルフールのおかげですぐ覚えました。
5月のMayは、ジブリのトトロのサツキ(5月)とメイから。
6月のJuneは、ジューンブライド。雨が降るのに結婚式大変!という覚え方。 ちなみにJuneの由来は、ローマ神話のユピテルの妻、Juno(ユノ)で、結婚の神様だそうです。

7月のJulyは、6月と混乱しやすかったけど、ジューンブライド、じゃないほう!という覚え方(汗)
8月のAugustは、ローマ皇帝アウグストゥスから。次女は、「日本の夏AUの夏、で覚えた」って言ってました。
9月のSeptemberは、英語の歌などでSeptemberというのがあり、それを聞くたび「9月」とインプットされました。

10月のOctoberは、タコはオクトパスで足8本。なんでOctoberなのかなー、プラス2本だとイカだよなぁ、と思っていたら覚えました(笑) 由来は昔のローマの暦でこの時期は8月だったから、だそうです。
11月のNovemberは、後ろがberになる中で特徴が思いつかず、他のを先に覚えて最後にのこったのが11月、という覚え方でした。
12月のDecemberは、ローマの暦でDecemの月という意味から。 Decemとは10番のことだそうで、ローマ歴は今の暦より2か月遅れてるんですね。

英語の曜日名と短縮形の書き方と読み方

続いて、英語の曜日名と短縮形の書き方と読み方です。 強い部分は赤い文字にしています。

  • 日曜日 …Sunday(Sun.)…ンデイ
  • 月曜日 …Monday(Mon.)…ンデイ
  • 火曜日 …Tuesday(Tue.)…チューズデイ
  • 水曜日 …Wednesday(Wed.)…ウェンズデイ
  • 木曜日 …Thursday(Thu.)…サーズデイ
  • 金曜日 …Friday(Fri)…フライデイ
  • 土曜日 …Saturday(Sat.)…タデイ

英語の曜日の書き方と短縮の決まり

曜日の場合も月名と同じく、最初の文字は必ず大文字です。 そして、短縮形も前から3文字とピリオド。

英語の曜日の覚え方…歌が便利

英語の曜日は、神様の名前が由来になってます。

Sundayは太陽神Sun。 Mondayは月の神Moon。ここまでは、わかりやすいんですが…。

Tuesdayは、チュートン族の軍神ティウ(Teus)の日。
Wednesdayは、ゲルマン神話ウォーデン(Woden)の日。

Thursdayは、北欧神話の雷神トール(Thor)の日。
Fridayは、北欧神話の女神フリッグ(Frigg)の日。

Saturdayは、ローマ神話の農耕の神サトゥルヌス(Saturns)の日。
こうなってくると、そもそも神様を知らないので余計覚えにくく…。

結局は、教科書に載っていた英語の歌で覚えました。
I know the seven days. Sunday Monday Tuesday Wednesday thursday Friday and Saturday. という歌詞だったんですけど、なんてタイトルかわかりません。
ソーラソファミミド、で始まるんです。

綴りもこの歌に合わせて、 スンダイ、モンダイ、ツエスダイ、ウェドネスダイ、 スアルスダイ(す、のとこは舌を噛んでThの発音で)、 フリダイ、サツアルダイ、と歌を歌いながら覚えたのを思い出します。

ちなみに、子供たちの教科書に載っていたのは確かこの歌です。

歌は唱えているうちに覚えられるので歌って便利ですよね。
とはいえ…、この歌だと、Thursdayが2回でてくるので、間違えそうです^^;

月名や曜日の使い方

月や曜日は、会話の中でもよく使います。 また、短縮形は、手紙やメールなどでも頻繁に登場します。 前置詞もセットで、使い方を覚えておきたいです。

月と曜日の前に付く前置詞

 

  • on Sunday 日曜日に
  • in July 7月に

月や曜日を日付と年とセットで使う時

月や曜日を年とセットで使う時は、曜日、日、月、年の順番で使います。 短縮形のときも同じくです。

  • Thursday,November 11th,2018
  • Thu,Nov.11th,2018

また、年月日を言う時は、イギリス式とアメリカ式で順番が違ってくるので、注意が必要です。 イギリス式は、月、日、年 アメリカ式は、日、月、年です。 [kanren postid="242"]

最後に

英語の月と曜日の短縮形の書き方読み方についてまとめました。 ついでに、それぞれの自己流の覚え方も書いておきました。 何回も目にしているうちに知らない間に覚えるものですけど、最初は間違いやすかったな、と。 曜日は特にThursdayとTuesdayがごっちゃになったし、 月名はNovemberがなかなか覚えられなかったです。 前置詞は、月の前はin、曜日の前はon。 これは、決まり事だと思って、何回も英文を言って覚えるのが良いかなーと思います。

おすすめ
スタディサプリENGLISHで
ヒアリング力UP!

英語やり直しにおすすめ

1

英語の勉強やり直しに、なにか良い勉強法はないか?と、 調べているうちにたどり着いたスタディサプリENGLISH。 実際に使って、楽しく英語のやり直し勉強が続いています。 ここでは、スタディサプリENG ...

-英語文法の素朴な疑問

Copyright© 45歳からの英語勉強やり直しブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.