英語文法の素朴な疑問

while・during・for【~の間】の単語の違いは?使い分け方まとめ

更新日:

while during
英語の文章の中で、
~の間、という意味を持つ単語がいろいろ出てくることに気づきます。

while、during、for、in…。

使う場面によって、変えているのでしょうけれど
違いが良くわかりませんでした。

今回は、~の間(時間的な)という意味を持つ単語の違いを調べて、使い分け方をまとめます。

スポンサードリンク

~の間という意味を持つ単語

英語の中で、~の間という意味で使われる前置詞をピックアップ。
それぞれ使う場面や意味、例文を紹介します。

during【前置詞】

<特定の期間>の間じゅう(ずっと)
duringは、何かの期間を表すときに使います。

例えば、こんな表現↓

  • during my summer vacation…夏休みの間(ずっと)
  • during the daytime…昼間(ずっと)
  • during my stay…滞在中(ずっと)

何分、何時間、と数字を伴った時間を言うのではなく、
ある期間中というニュアンスです。

duringの後に来るのは名詞か名詞節になります。

I studied music hard during my stay in New York.
私は、ニューヨークに滞在中ずっと、音楽を一生懸命学びました。

for【前置詞】

<ある期間>の間(ずっと)

forも[~の間(ずっと)]という意味ですが、
こちらは、数字を伴った時間を主に表します。

ハッキリした時間の長さを言いたいときにはforです。

例えば

  • for three days…3日間
  • for two hours…2時間
  • for five years…5年間

I have lived here for ten years.
私はここに10年間住んでいます。

ただし、会話の中である特定の6週間、the six weeks と表現したいときは、during the six weeks.となります。

through【前置詞】

初めから終わりまでの間ずっと

throughは、~を通してというコアの意味があるので、
特に、初めから終わりの間ずっと、ということを強く伝えたいときに使います。

They camped there through the summer.
彼らは夏の間ずっと(初めから終わりまで)そこでキャンプをした。

over【前置詞】

~の間ずっと、ある期間にわたって

overも、~の間と訳す使い方をする前置詞です。
文章の中で、ある特定の時期、時間を表す言葉と一緒に使われます。

throughに比べて、初めから終わりまで、ということは強調しませんが、
その期間中ずっとというニュアンスを伝えたい時につかいます。

I stayed that hotel over Sunday night.
私は、日曜の夜の間あのホテルに泊まった。

in【前置詞】

ある期間中に

inは、ある幅のある期間を表現するときに使います。

  • in her youth…彼女が若いころ
  • in ten years…10年間で(10年のうちで)

in her youthは、whileを使って、 while she was young.という風にも表現できます。 

Today is the hottest day in ten years.
今日は10年間(のうち)で一番暑い日です。

最上級と一緒に使う時は、inを使うのが一般的です。

while【接続詞】【名詞】

【接続詞】…している間に、…の間中、…と同時に
【名詞】しばらくの間

~の間、の意味を持つwhileは、接続詞と名詞があります。

接続詞whileは2つの文章を繋げる役割を持っています。
whileの後ろには、主語+述語の文章が続きます。

He came while I cooked.
私が料理をしている間に、彼が来た。

While he was in America he stayed his uncle's house.
彼がアメリカにいる間、おじさんの家に滞在していた。

名詞whileは、
aという冠詞と一緒に a while として、
しばらくの間、という意味で使います。

It takes a while.
しばらくかかります。

while duringの違いは?

duringとwhileは、どちらも「~の間」という意味を持っています。

英語の勉強をしていても、頻繁に出てくるのに、
どっちを使うのかは案外あいまいになってしまってました。

でも、その品詞を考えれば、簡単に使い分けができるのです。

  • duringは、前置詞なので、後ろに名詞が置かれます。
  • whileは接続詞なので、後ろに主語+動詞という文章の形が入ります。

ニューヨークに滞在中と言いたいときは、

during my stay in New York.
=while I stay in New York.

という風に言えば同じ内容を伝えることができるんですね。

I studied music hard during my stay in New York.
While I stay in New York,I studied music hard.

最後に

~の間、という意味を持つ単語について、
和英辞書と英和辞書をひっくり返しながら調べてまとめました。

  • 数値を伴って具体的な時間を言いたいときは for
  • なにか特定の期間について言いたい(時間の数字なし)ときは during
  • 後ろに文章を伴って期間を伝えたいときは while
  • 期間の中で初めから終わりまで通して、を強調したいときはthrough

日本語では、~の間、と訳すのですが、
期間や表したい内容によって、前置詞(接続詞)の使い道が違います。

特にわかりにくかった、duringとforとwhileについて、理解できました。
~の間、と出てきたら、

時間を言いたいのか?期間を言いたいのか?というところにまず着目するようにしましょう。

おすすめ
スタディサプリENGLISHで
ヒアリング力UP!

英語やり直しにおすすめ

1

英語の勉強やり直しに、なにか良い勉強法はないか?と、 調べているうちにたどり着いたスタディサプリENGLISH。 実際に使って、楽しく英語のやり直し勉強が続いています。 ここでは、スタディサプリENG ...

-英語文法の素朴な疑問

Copyright© 45歳からの英語勉強やり直しブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.